研ぎたい包丁はどんな包丁?

研ぎたい包丁はどんな包丁?

砥石を選ぶ前に、研ぎたい刃物の材質や刃の状態を見ておきましょう。

最適な砥石を選ぶために、まず自分の包丁をよく知ることが大切です!

まずは包丁の材質を見てみましょう。
市販されている一般的な包丁であれば、購入時のパッケージに書かれています。または、包丁に材質が印字されている場合があります。分からない時は、メーカーのWEBサイトや、同じ商品をネットショップ等で探して調べてみましょう。

包丁の材質は、それぞれの包丁に使用されている金属の割合によって様々です。多くの包丁は鋼水はテンレスでできており、これらの包丁は砥石を使って研ぐことができます。

注意するべきは、セラミックなど硬い材質が使われている包丁です。
刃の部分が真っ白や真っ黒の包丁を見たことはありませんか?それがセラミック包丁です。
名前の通り、刃の素材にセラミックという材質が使われています。
セラミック製包丁の材質となっているセラミックは、耐摩耗性に優れていて、非常に硬いです。

錆びることがなく、切れ味の持続性が高いためメンテナンスの手間がかかりにくいというメリットがありますが、その一方で刃こぼれしやすく一度切れ味が悪くなると研ぐことが難しいというデメリットも持ち合わせています。
セラミック製包丁を研げるのは、実は、ダイヤの硬い粒子で造られたダイヤモンド砥石でのみなんです。 砥石 包丁 研ぐ 包丁の研ぎ方 包丁 研ぎ石 包丁 砥石 研ぎ 切れ味のいい 包丁 砥石 おすすめ 切れ味 包丁 研ぐ道具 sharpening stone 刃物 砥石 エッジ シャープナー 砥ぎ ステンレス 包丁 砥石 天然 砥石 キング 刃の黒幕 包丁 おすすめ プロ 
ブログに戻る